2012/12/01

PowerPointデータの複数スライドを1枚にまとめる方法【Macの場合】

** 作成方法に関しては本サイト内により詳しく解説したページを
** 作成しましたので、下記よりそちらをご参照ください。
** 学会ポスター/パワーポイントで作成

        ********************************








※Windowsの場合はこちら

設定:今回は12個のスライドを1枚にレイアウトして大型ポスター「B0サイズ1030×1456mm」を作る前提でご説明します。




Macの場合、各スライドをいったんPDFに書き出してから、
そのPDFファイルを新規に作成したポスター用ページへ
配置してレイアウトします。

※ 配置後はPDF化された各スライド内の文字など修正はできません。


1)まず、PowerPoint原稿データの各スライドを別名で保存します。
  PowerPoint原稿データを開き「名前を付けて保存」でフォーマット(保存
  形式)を「PDF」ですべてのスライドを保存します。





2)次に下地となる新規ページをポスターサイズに合わせて作成します。

  ページ(スライド)を新規作成した場合、 初期設定は「画面に合わせる」と
  なりますが、これを作成するポスターのサイズに合わせて変更します。

※Mac版PowerPointのページ(スライド)のサイズの変更の場所

         ファイル>ページ設定

※パワーポイントのページ設定には制限があり、幅と高さは「142.2cm」以上の
 サイズは設定することができません。
 A1サイズやA0サイズなどは、実寸のまま設定できますが、
「B0 103cm×145.6cm」や、「90cm×180cm」の特大ポスターの場合は、
 縦横同比率の縮小サイズで設定します。
 また縮小の場合でも、設定可能なできるだけ大きなサイズで設定しましょう。

 縮小サイズでのページ設定例



 例)「B0サイズ
(103cm×145.6cm)」の縮小サイズ
   「99.04cm×140cmに設定したところ






3)新規作成ページに各スライドを配置していきます。
1)で作成したPDFデータを
「挿入」→「写真」→「ファイルからの画像」

手順で挿入しレイアウトしていきます。
※バージョンによっては「挿入」→「図」→「ファイルから」となります。



配置後のスライドは自由な位置に拡大縮小してレイアウトできます。


※その他の方法として、スライド一覧表示にして各スライドを新規ページへ
 ドラッグ&ドロップして配置していくこともできます。この方法では、
 文字ズレやレイアウトが崩れることがありますが、新規ページへ配置後に
 修正は可能です。



※Windowsの場合はこちら




★ 出来上がった原稿データからのポスター印刷はネット出力センターが便利です。