2018/06/14

パワーポイント スライドのサイズの変更は?縦長にするには?

パワーポイントのスライドの形は、初期設定ではこうなってます。

 バージョン【2010】以前  画面に合わせる 縦横比4:3




 バージョン【2013】以降  ワイド画面 縦横比16:9




パワーポイント2013以降はかなり横長のスライドになってしまいました。


もともとパワーポイントはプロジェクター投影用の原稿作成アプリ。
そのためページ設定はプロジェクターやPCモニターの縦横比と同じになっています。

プロジェクターやPCモニターの縦横比は「アスペクト比」と呼ばれますが以前は縦横比4:3が主流でしたが、最近はもっと横長の16:9が一般的になりました。




そのためパワーポイントのページの初期設定も以前は縦横比4:3だったのがバージョン2013以降は初期設定は16:9に変更されました。

なので最近のモニターでの表示ではぴったりの縦横比16:9のスライドなのですがプロジェクター投影ではまだまだ縦横比4:3が主流です。

またパワーポイントのスライドをA4サイズに印刷するときもこの16:9の縦横比では、たとえばA4サイズ内印刷では上下にかなり余白が付いてしまうという問題がでてきます。

印刷プレビューで確認してみるとこんな感じです。

※「用紙に合わせて拡大縮小」にチェックを入れています。

  「縦横比16:9」をA4に印刷



 そのためスライドの縦横比をバージョン2010以前の縦横比4:3に戻したい時はどうしたらよいでしょうか?

ページ設定(スライドのサイズ)はここで変更できます。

 バージョン 2013以降  タブ デザイン>スライドのサイズ


ここで「標準(4:3)」を選べば、以前の縦横比のスライドになります。

さらにここで「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択すると...


スライドは横長だけでなく、ここで縦長にすることもできます。

また幅と高さにサイズを入力すれば、スライドサイズを自由に設定できます。

※ただし最大設定サイズは142.2cmまでとなります。

学会発表などのポスター用原稿をパワーポイントで作成したい方も多いと思います。学会ポスターは90cm×180cmなどの変形サイズが多いのですが、それらの作成に関しては本サイトの学会ポスター印刷のページをご参照ください。